スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月のアルフォンスドーテ

鉢植えで育てていても大きくなりすぎて、北東向きの玄関側に地植えしたアルフォンスドーテ・・・
夏なのにたくさん蕾が上がってきて咲いてくれました。
でも、この子、育て始めて4年はなるけど、あまり綺麗に咲いてくれません。
春はスリップスの被害で花ビラが汚れるし、花の形も定まっていないのか、いつも乱れ気味です。
カタログにひかれて買いましたが、ちょっとがっかりと言ったところです。3019.jpg

全体像はこんな感じです。

3018.jpg


以下の写真は、そんな中でこの4年間でたった一度きれいに咲いてくれた2004年5月のお花です。
3022.jpg

3020.jpg

3023.jpg

スポンサーサイト

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

8月のカフェ

1037.jpg

5月に咲いてから、次々と咲いているのですが、なかなか写真に撮るチャンスに恵まれなくて・・・
今日はなかなか美人さんに撮れたかなと思うのでアップしてみました。
10号のプラ鉢でガレージの棚の上に配置しています。
1036.jpg

   フロリパンダ
   花径8cm
   四季咲き
   作出 1956年ドイツ
花の色はキャラメル色から退色してちょっと不思議な色合いに変わる。フロリパンダなのにオールドのような花の形でとても可愛いのですが、枝ぶりはとっても横張りです。

下の写真は2005年5月の開花の様子です。
313.jpg

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

8月のL.D.ブレスウエイト

1033.jpg

8月のL.D.ブレスウエイト・・・やはり夏の花は花びらの数も少ないですね。でも、次々に蕾が上がってきて、咲かせてしまっています。
花の形が本来の姿と全然違うのですが、女の子の石膏像に寄り添うように咲く姿が可愛かったので写真にとって見ました。我が家のL.D.ブレスウエイトは、今年花の時期が終わってから園芸店から連れて帰ってきたので、春の見事な花の写真が有りません。秋の花に期待しています。
10号の鉢植えで育てていますが、シュートもそんなに伸びないでよく咲いてくれるので、今年中には地植えにする予定です。

2~3日後には、また別のシュートの先にこんなに咲いてくれました。夏の花なのに、けっこう花持ちがいいです。
3011.jpg

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

黄色い薔薇達

3005.jpg

今日は、雨でした。
庭では薔薇の花も少ないのですが、少し咲いている花を切って手づくりの籠にかざって見ました。
グラハムトーマス、ゴールデンボーダー、シーフォーム、セリーヌフォレスティエ、琴音です。
他にもウイリアムモーリスやアイスバーグやライラックローズも咲いていますが、黄色薔薇を主に集めてみました。
3004.jpg

花を生けている籠は、黒いワイヤーで作った籠にペットボトルを半分に切って入れたものです。

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

びわ

実は、びわも植えています。
主人が庭にびわといちぢくを植えるものではないと反対したのですが、びわもいちぢくも大好きです。
そしてこの家に引っ越してきてからすぐに植えて、今では9年目です。言うまでも無く、庭の西側で大きくなっています。
1049.jpg

もちろん今年もたくさん収穫できました。
品種は茂木びわです。
1044.jpg

theme : 園芸
genre : 趣味・実用

6月のブラックベリー

写真は2005年の6月の写真です。
1047.jpg

アーチに誘引しているブラックベリーです。
他所のお庭でアーチに誘引されたブラックベリーを見て、とてもすてきだったので、我が家でも実行しました。
アーチに咲いた花の姿も赤い実がなっている姿もとてもいい感じですよ。
黒くなると収穫ですが、生食すると少しすっぱいし、種が食べるには大きすぎて吐き出すには小さすぎると言うようにちょっと中途半端な大きさですね。
今まで、庭仕事をしているときにつまんで食べたり、ヨーグルトやアイスクリームといっしよに食べていましたが、今年はネットのお友だちに凍らせておいて、牛乳と一緒にジューサーにかけるといいと教わって冷凍庫でたくさん凍らせています。
1052.jpg

theme : 園芸
genre : 趣味・実用

ブルーベリー

1056.jpg

我が家のブルーベリー、木もおおきくなっているし2種類植えているのに、毎年なるのは10粒ほど・・・
果樹栽培用の黒い直系60センチはあるような大きな鉢に鹿沼土に植えています。
花も可愛いし、実は目にいいとのことで植えています。
会社の同僚の家では毎年大なべで2杯分はジャムができるほど収穫できるとのこと。
1週間ごとに、1回で両手いっぱいくらい収穫できるので、それを冷凍しておいて、いっぱい溜まったらジャムを作るそうです。
ジャムもおいしいけど、生のままヨーグルトをかけて食べるのも粒粒の感じが好きなんだけど・・・なかなかな収穫まで至っていません。
1048.jpg

theme : 園芸
genre : 趣味・実用

さくらんぼ

我が家には3本のさくらんぼが有ります。
ナポレオンと、砂糖錦は地植えですでに大きくなっています。
1027.jpg

植えてから8年目くらいですが、去年までは、ナポレオンはたくさんの花がさくのに砂糖錦は花が少ししか咲かなくて受粉できなかったので10粒くらいしかなりませんでした。
今年は、初めてたくさん収穫することができました。
200粒くらいは収穫できたと思うのですが、鳥よけのためネットも張りました。私達の口には入らず、2歳と1歳の孫達がとても喜んで食べてくれました。もともと、まだ、子供達が結婚もしていないときから、いつか孫が出来たら食べさせてあげたいという思いで植えていたので、念願が叶ったというわけです。来年は、もっとたくさんなるかと今から楽しみです。

今年の実成りの様子
1055.jpg

1046.jpg


2005年春の開花の様子
1041.jpg

1050.jpg


もう一つの鉢植えのさくらんほ゛のアメリカンチェリー
1本でもなると言うので鉢植えで育てていますが、もしかしたら、鉢の底から根が地面に伸びているかも・・・
これは2004年に苗を買って植えつけたものです。
1022.jpg


・・・あっ、もう一つ忘れていました。
暖地サクランボも植えてありました。
暖地サクランボはほっておいてもよく実がなるのですが、味がイマイチで、実がなっても鳥にいつの間にか食べられています。

本当に狭い庭にサクランホ゛4本を含めてその他の果樹や薔薇などたくさん植えています。

theme : 園芸
genre : 趣味・実用

8月のぶどう

1032.jpg

パーゴラに這わせたぶどうがどんどんつるを伸ばして、パーゴラを覆っています。去年50センチくらいの苗木を植えつけたばかりなのに、もうこんなに大きくなっています。

下の写真は2005年6月の様子です。
品種は甲斐路なのですが、20房ほど実どまりしたようです。2年目で、ぶどうがなるとは思わなかったのでとても感激しています。
白い袋は近所の薔薇友がぶどうも育てていて、JAの白い袋を少し分けてくれました。
68.jpg


ぶどうの蕾
7.jpg



2004年5月にはまだこんなひょろひょろの枝でした。
1058.jpg

theme : 園芸
genre : 趣味・実用

ナマゴミ堆肥

648.jpg

先日から始めたエコペールを使った生ゴミ堆肥づくり・・・

下についているコックから液肥を取り出してみました。
いつもは室内においているのですが、液肥を取る時だけは室外でしています。
この液肥は1000倍に薄めて、薔薇に散布しました。

さて生ゴミ堆肥ですが、ゴミを投入する時、匂いをかぐのがいやで、ふたをさっと開けてさっと投入していましたが、やはり匂いの観察も必要と、今日はしっかり匂いをかいでみました。
はっきり言って、少し匂います。
つけもののようなすっぱい匂いのようでもあるし、でもやはり生ゴミの匂いにようでもあるし・・・

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

8月の胡桃の木

1054.jpg

庭の中央で大きく育った胡桃の木です。
夏は日陰になって、大切に育てている薔薇達にも丁度良い日陰になっています。
苗木を植えてから9年目くらいでしょうか?
去年くらいから雄花と雌花が少し付くようになりましたが結実には至っていません。
くるみは「恩給の木」とも言われ、植えつけてから20年経つと実をたくさんつけて、その収穫で収入を得ることが出来るとか、それで、恩給の木とも呼ばれたと昔何かの本で読んだことが有ります。
幹も白樺のように白くて綺麗ですが、大きな葉が落葉すると、お掃除がちょっと大変です。
枝の先に花芽がつくので、剪定をすると花が咲かないそうです。
なぜ、庭に胡桃の木を植えたかというと、小学校のとき、同級生の庭に胡桃の木があって、学校にもってきてくれたことが有ります。その頃はくるみなんてとても珍しくて、うらやましくも思っていたものでした。胡桃を食べた後の殻も紐と鈴をつけてランドセルの横にぶら下げて大切にしていた思い出か有ります。

1019.jpg

theme : 園芸
genre : 趣味・実用

8月のラジオタイムズ

35.jpg

8月のラジオタイムズ・・・
おととし、鉢植えで育てているときは本当に絶え間なくよく咲いてくれた。それで、去年はこんなによく咲いてくれるならと1期咲きのピエールの横に地植えにした。これなら、ピエールの咲かない時期でもラジオタイムズが綺麗に咲いてくれるだろうと・・・地植えにするとシュートを1.5メートルくらいに伸ばして、ラティスに誘引すると春にはたくさんの花が咲いてくれた。が、その後の開花はあまり芳しくない。ある意味つる扱いになっているのでラジオタイムズ自体が自分はつるばらと思い込んで、開花しないのか・・・
今日の写真のこの子は、今年の春、格安で園芸店で売られていた新苗の子です。7号の鉢植えですが、あまりに格安だったので、本当にラジオタイムズかどうか心配でしたが、間違い無いようです。
下の写真は02005年5月の様子です。
246.jpg

252.jpg

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

8月のセリーヌフォレスティエ

44.jpg

セリーヌフォレスティエ・・・
東側の窓の下で可愛く咲いてくれたらと思って、深めのプラクターに植えて配置していましたが、伸びる、伸びる・・・
3メートルもあるようなシュートが3本も出て、1回の軒下まで届いてしまいました。
シュートを横に誘引すると、ステムが上がって繰り返し花をつけてくれます。
1017.jpg



枝は柔らかくて誘引しやすいです。
花は最初はフロリパンダのように咲きますが、咲き進むとオールドのようにくしゅくしゅになりまるでくすだまのようです。ほのかな甘い香りがしますが、私はどうも香りの違いがよく解らなくてうまく表現が出来ません。


下の写真は2005年5月の写真です。
窓の下で可愛く咲いてくれていました。
57.jpg


お花のアップ
56.jpg

咲き進むと退色していきます・・・

55.jpg


2004年10月の様子

1016.jpg

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

ムーンスプライト

24.jpg

フロリパンダなのに、オールドローズのように咲いて、しかも四季咲きのムーンスプライト・・・
花も少し小ぶりで、株もあまり大きくならなくてコンパクトにまとまります。
何よりも、とても良く咲きます。
我が家では地植えにして育てていますが、背丈は50センチくらいです。
お花のアップ
23.jpg

咲き進むと、白く退色してぽんぽん咲きになります。

theme : 薔薇と収穫の庭
genre : 趣味・実用

薔薇の癌腫病

651.jpg

水遣りをしていると、ペネロープの株元にコブを発見!
明らかに癌腫病ですね。
この前まで元気に咲いていました。まだ株が弱っているという感じではありません。
そして、他にも、癌腫の気配はないかと、いつもより念入りに探してみると、もう一つ、スイートジュリエットにも発見!

643.jpg

スイートジュリエットの方は株元から離れた土から頭をのぞかせているという感じです。
スイートシ゛ュリエットは、以前地植えにしていて、その時癌腫になったので、コブを切り取って、木酢の原液を傷口につけて鉢あげてしいました。成長ぶりはあまり芳しくなく、大きくなっていないので<今年の花は3つくらいしか咲きませんでした。2番花も咲くのは咲きましたが、やはり調子が悪かったのは、この癌腫のせいだったのですね。
2度目の外科手術になりますが、何とか、丈夫に育って欲しいものです。

theme : 薔薇と収穫の庭
genre : 趣味・実用

アブラハムダービー

本当によく咲いてくれるアブラハムダービーです。
しかし、枝が伸びても誘引していないので、枝が伸びては花が咲き、花の重みで垂れてしまって、花がまとまって咲いている写真が撮れないでいます。
写真のアングルも地植えの為、いつも同じような写真になってしまいます。だから、今年の写真と去年の写真と殆どかわらないものになっています。
1012.jpg

1009.jpg


下の写真は2004年の5月のものですが、アブラハムダービーは季節によって色の感じが微妙に変わってくるような感じがします。
113.jpg

theme : 薔薇と収穫の庭
genre : 趣味・実用

ラブポーション

2.jpg

今日の花はラブポーション・・・
新苗から育て初めて、今年で2年目です。
植え替えもしないで、ずっと同じ鉢植えで育てています。しかも新苗から咲かせ続けているにもかかわらず、結構咲いているし、まずまずの大きさに育っているのではないかと思います。この写真は2005年の2番花の様子です。1番花はもっときれいに咲いてくれましたが、他の薔薇の写真を撮ることに気をとられて、写真には残せませんでした。
1013.jpg

1014.jpg

1015.jpg

theme : 薔薇と収穫の庭
genre : 趣味・実用

タイム

薔薇の株元に植えているタイム・・・
食用というよりは、もっぱら観賞用です。
肉料理に合うとの事ですが、実は、薔薇のプランターの株元に植えているので、薬も撒いているので、食用にできないのです。残念です。
少しずつ、無農薬の薔薇の庭に近づけていけるようにと思っているのですが、今年はアブラムシにうどん粉に温室コナジラミと害虫や病気がちょっとひどかったので、薬を撒いてしまいました。
タイムの紫の小さな花が可愛いですね。
シソ科多年草。
じゃこうの香り
チモールという芳香成分が消化を助け、咳止め、去痰、殺菌、防腐に効く。
4~5年で株は老化するので、株分けや挿し木で株を若返らせる。

607.jpg

theme : 薔薇と収穫の庭
genre : 趣味・実用

ステビア

9.jpg

今年になってプランターに植えた2株のステビアがずいぶん大きく育ってきました。さてさて、使い方は?と、ネットでいろいろ検索してみて、びっくり!!!
只、甘いだけかと思いきや、血圧や血糖値を下げたりO157やサルモネラ菌、黄色ぶどう球菌を殺菌したりがん細胞を抑えたり、またアレルギーの抑制効果もあるとか・・・
そして、土に混ぜたり、抽出したエキスを薄めて葉面散布すると植物に抵抗力をつけて、病害虫にかかりにくくしたり、また、土中に残留した農薬を除去する作用もあるそうです。
これって、薔薇にも適用できるのでは~~~♪
また、果樹の株元にステビアの枝葉を堆肥にして好きこむと果樹がとっても甘くなるそうで、いちごやみかん、さくらんぼなど甘くていたみにくいステビア果樹が生産されている。
ステビアって、本当にすっごい!!!
こんなことなら、もっとたくさん植えておけば良かったわ。
1.jpg

今こんだけ茂っているけど、血圧下げるのに飲用もしたいし、薔薇の黒点やうどん粉にも試してみたいし、果樹にも使いたいし・・・来年は、いっぱい植えよう♪


5月の空中薔薇園

東側の通路から階段を上がると、我が家の空中薔薇園・・・
と言ってもガレージの上に鉢植えを並べただけなのですが、
自分ではお気に入りの場所です。
鉢植えなので、いつでも自由にレイアウトが変えられるのがいいですね。でも、花が咲いてしまうと、花の色の組み合わせが悪くても、移動が面倒なのでついそのままになってしまいます。
503.jpg


505.jpg

5月の東通路の薔薇達

南の庭から、東側に続く細い通路です。
とっても狭いのですがレンガでボーダー花壇を作ってグラハムトーマスやジェーンオースティンを植えています。
イングリッシュローズですが、つるしたてにしてフェンスに誘引していますが、それは見事に咲いてくれました。
508.jpg

そしてどんどん進んで行くとガレージの上に上がる階段があります。
512.jpg

階段の右横には大好きなピエールとポールズヒマラヤンムスクとフィリスバイトが咲いています。
504.jpg

5月の薔薇の庭(南の庭)

2005年の我が家の南側の庭の様子です。
511.jpg

506.jpg

513.jpg

507.jpg

515.jpg

516.jpg

5月の薔薇(玄関の様子)

今日はあまりの暑さの為、クーラーの部屋で写真の整理をしました。
まず、門から階段を上がって玄関前の様子です。ミニ薔薇の鉢をたくさん並べています。
501.jpg


510.jpg


509.jpg

ウイリアムシェークスピア2000

4.jpg

2003年に花フェスタに行った記念に連れて帰ってきたウイリアムシェークスピア2000・・・
10号のロゼアポットで育てていますが、株もなかなか大きくならなくて、枝もひょろひょろです。
花の感じは実は、大好きなんです。
最近はシャルルドミルや紫玉など、シェークスピア2000も含めて濃い赤い色のバラがすっかりお気に入りです。
もう少し大きくなったら地植えにしたいと思っていますが、あまり大きくならないタイフだと鉢植えでの管理になると思います。まだ、当分観察の余地がありそうです。


11.jpg

かみきり虫

45.jpg

今日、イチヂクの枝にカミキリ虫がかじった後を発見!
かじられた部分が茶色くなっているので、かじったのは何日か前のようです。なんだかすごい勢いでかじったみたいに傷跡がすごいです。1匹だけの仕業ではないかも知れないですね。カミキリ虫は卵を産む前にすごい食欲で枝をかじるそうです。去年は10匹以上見たのですが今年は3匹しか見ていませんが、ただ気がついていないだけかも知れません。1匹が100個以上の卵を1株に1つずつ産むそうです。卵から幼虫になってさなぎになり大人になるまで、2~3年かかるので、3年はじっくり食料になるだけの大きさに育っている薔薇やかんきつ類の株元に産卵するそうです。さすが親心と感心している場合ではありません。我が家ではカミキリ虫の幼虫のてっぽう虫にもう何本の薔薇をだめにされたことか・・・
下は1週間くらい前捕獲してびんに密封して死んでしまったカミキリ虫と去年写真に収めていたてっぽう虫の写真です。
私の見た限りでは、てっぽう虫は薔薇の枝を螺旋を書くように食害していくので、幹を一回りしてしまうと水が吸い上げられなくて、だんだん葉がしおれて枯れてしまいます。
42.jpg

キャリエールの被害
29.jpg

これは、ジュート゛ジオブスキュアの被害状況
2007.jpg


てっぽう虫の被害の見分け方
①株元から木くずが出ている時
②新芽が動かない時は、株元をゆすって見て、ぐらぐら動く時はコガネムシの幼虫の仕業ですが、動かないときはまずてっぽう虫を疑ってみましよう。
③株元の枝が食害されて空洞になっていることがあるので調子の悪いときは指で挟んでつまんでみます。ぶよぶよしているときはてっぽう虫が潜んでいます。
株元を半分に切ってみるとこんな風に穴が空いていました。

2006.jpg

好きな薔薇ローブリッター

340.jpg

薔薇のサイトを運営しているmasakoさんのプログにお勧めの薔薇として投稿させてもらったもう一つの薔薇のローブリッターです。この子は鉢植えのまま、ガレージの上のアーチに誘引しています。
この写真はお気に入りの1枚なんですが、花の咲き始めはアンジェラに少し似ている感じですが、咲き進むところころになって、しかも花持ちがとてもいいです。花が終わった後の葉は少しかさかさになる感じがします。
この写真は去年2004年の5月の写真です。2003年に新苗で迎えたばかりでひょろひょろです。
53.jpg


54.jpg

好きなつるばらピエールドロンサール

336.jpg

薔薇のサイトを運営されているmasakoさんのプログにお勧めのツルバラとしてピエールドロンサールの写真を投稿させてもらいました。
私の一番好きなツルバラといえばやはりビエールドロンサールです。この写真は、5月の満開の時の写真です。育て始めて、今年で5年目になります。ずっと鉢植えで去年、地植えにしたばかりです。去年から少し返り咲きしてくれるように成りました。
233.jpg


我が家には後2つ鉢植えでコンパクトに育てていますが、玄関の前にもピエールを植えたくて、今年また1株お迎えしてしまいました。まだ50センチ位で小さいのですが、来年までに少しでも大きくなって欲しくって今は、この玄関に植えた子からシュートが伸びるようにひたすら肥培管理しています。
もう一つの鉢植えのピエールの写真です。
ポールズヒマラヤンムスクとフィリスバイトといっしょに・・・後ろの方で見えているコイピンクの薔薇はイエスタディーです。
326.jpg

下の写真は2004年のピエール

16.jpg

pieale.jpg

ローズヒップ

111.jpg

アルバセミプレナのローズヒップ・・・
去年新苗で我が家にやってきて、今年初開花のアルバセミプレナのローズヒップが少し色づいてきました。
まだ青い実もあるのですが、だんだん黄色になってきたので枯れてきたかしらと思っていましたが、他の方達のサイトを見ていると色づいてきたものもあるのでジャムを作りました~等の記事を読んで、枯れてきたのではなくて色づいてきたのだと解り、ほっとしています。鉢植えだし、まだ株も若いので実をならせるのはどうかと心配していましたが、良く見ると、株元にも小さなシュートの芽らしきものが出てきました。実を収穫するつもりだったので、極力薬を使わないようにして、他の薔薇に薬をする時もできるだけかからないようにしましたが、良く考えてみると、黒点もうどん粉も出ていないです。アルバセミプレナって原種に近いのでしょうか?病気に強いような気がします。

3.jpg

アルバセミプレナは岐阜の花フェスタで見て、お気に入りにチェックしていて、去年村○薔薇園さんで送ってもらいました。一期咲きですが、白い花ビラで黄色い花芯が見えてとても可愛い花でした。写真は5月の開花の様子です。
206.jpg


theme : 薔薇と収穫の庭
genre : 趣味・実用

ホソオビアシブトクチバ

36.jpg

今朝、庭の見回りをしていると、虫食いの葉を発見!!!
あたりを見回しても解らなかったのですが、よ~く見るとこんな所に潜んでいました。かなり大きくなっていますが、手でつかんで床に落としてあの世に行って頂きました。この虫だけはなんか気持ちが悪くて素手で掴むことが出来なかったのは去年までの事。今年は素手でもつかめるようになった自分が怖い。
先日、ネットで調べて、この親は一体どんな形をしているのか知る事ができた。広げた羽の中央に白い縦じまが入っている。模様と名前が一致するので納得できます。
こんな模様の蛾はなかなか見た事が無いのですが、夜、懐中電灯を照らしてみると、飛び交っている蛾の模様に白い縦じまが有りました。こいつがホソオビの親か~と初めて認識することが出来ました。

電撃殺虫器

38.jpg

この前から使っている電撃殺虫器・・・ショートする部分にたくさんの小さな蛾などがくっついている。今日は、初めて掃除をしてどんな虫が引っかかっているか見てみました。

37.jpg

小さなブラシでこすり落として、底の受け皿に溜まった虫の状態です。カナブン3匹ですが、これ以外にも4匹ほど受け皿の外側で死んでいました。後、可愛そうなことにうどん粉を食べてくれるという黄色いてんとう虫もかかっていて可愛そうなことをしました。天道虫だましも1匹かかっています。後は小さな蛾や白い小さな羽のついた虫ばかりです。本当にやっつけたいホソオビアシブトクチバをやっつけることは出来ていないようです。夜蛾は青い色を好むと言うことですが、この電撃殺虫器の周りの囲いが狭すぎて、ホソオビがショートする所までは届かないのが原因でしょうか?ホソオビが入り込めるくらい、もう少し枠が大きければ大丈夫なのか???
それと、小さな羽根のついた白い虫は温室コナジラミのようにも見えるし、また違うようにも見えるし・・・と言った感じでした。

プロフィール

MIKI

  • Author:MIKI
  • ハーベストガーデンへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。