スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇を誘引できる場所完成

3590.jpg

先日からつくり始めた薔薇を誘引する場所がなんとか完成です。

今日も、仕事だったので、朝仕事に出かける前にパチリ♪

我が家の壁は1階の屋根があるので、つる薔薇をのびのびと誘引できる場所がありません。
それで、こんな形でしか壁面の利用が出来ません。おまけに軒下は犬走りでコンクリートで固められているので、鉢植えでしか管理できません。

軒下という事はいい事もあるのですが、悪いこともありますね。

いいこと・・・それは雨がかからないので黒点病にならない事。
雨がかからないので、咲いた花が長持ちすること。

でも、残念ながら、雨にかからないとうどん粉病になりやすく、雨がかからないので雨にかかっている他の薔薇達と同じように考えて、ついうっかり水やりを忘れてしまう事です。

後、大事なことは、ラティスの裏側にシュートが伸びていかないように気をつけないといけないですね。

ここは、東側の通路で幅が1メートルほどしかないので、ポールズヒマラヤンムスクの暴れている枝を一刻も早くここに誘引して通行しやすいようにしないと、他の作業が進みません。

・・・で、明日はお休みなので、そうしたいのですが・・・

久し振りに国○園や金久さん、ロ○リアさん、和○Sさんなどの園芸店へ薔薇とクリローの様子を見にいってもみたいし・・・

本当に身体が2つ欲しいところです。

あっ、ラティスのペンキ塗りもとても大変でした。
スポンサーサイト

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

ジョセフレンパー

今日は、バラの会の新年会でお出かけでした。
出かける前に、玄関前で咲いていたニゲルをパチリ♪
我が家で開花第一号です。
3589.jpg

これは去年、堺市の緑化センターで行われたクリスマスローズフェアーで、見つけたニゲル。
去年は、たった1本だけの花だったのに、今年はこんなにたくさんの蕾がついて、やっと一つ花が咲き始めました。

ニゲルは普通、葉の下で花が咲くことが多いのですが、このジョセフレンパーは、茎が伸びて葉の上で花が咲く品種だそうです。
今のところまだ、葉の下で咲いていますが、もう少し咲き進むと茎が伸びてくるのでしょうか?

もう一つのお気に入りのダブルは蕾がやっと見えてきました。

3576.jpg




theme : ☆クリスマスローズ☆
genre : 趣味・実用

 つる薔薇の誘引の為のDIY

3588.jpg

東側の窓の外で、12号のロゼアポットで育てているポールズヒマラヤンムスクのつるが1年で4メートルほど延びています。
写真の右側の茶色いラティスに誘引して、そのまま窓の上で横に誘引しています。
実は、窓の上に1本のワイヤーを張って、これに誘引していたのですが雨戸を閉めるたびに枝をはさまれたりしてちっと可愛そうな状態でした。

今年は、このヒマラヤンムスクをどうしようかといろいろ考えて、とにかく、誘引できる場所を確保する為に、急に思い立ってDIYを始めました。

と、薔薇の冬の管理がなかなか進まないのに、今、この時期にDIYなんてしている場合ではないのですが、この暴れん坊のつる薔薇の対策をしないと、作業が次に進まないのです。

まず、窓の下には右から、ヒマラヤンムスク、バフビューティ、セリーヌフォレスティエ、ベルイシス、シティオブヨーク、デフレアフルールジョーンズ、を鉢植えや、深いプランターで並べていたので、撤去。
ヒマラヤンムスクとバフビューティとセリーヌフォレスティエだけは、とても大きなプランターに植えていたので、重くて動かせなくて、つると格闘しながらの作業でした。

3585.jpg


とりあえず、今日は、ここまでで終了。

汚くなったラティスを白い色に塗り替えて、同じように設置の予定です。

DIYで頑張ってくれたのは、もちろん、だんな様です。
私はペンキ塗りや誘引を解いたり、作業の補助をしました。

今回、設計図もなしで、作りながら、ああでもないこうでもないと、私が思いつくまま、作ってもらったのですが・・・
今思うと、こんなに窓にぴったりつけないで、もう少し離してもらえばよかったと思うのですが、申し訳なくて変更が言えません。

それにしても、ヒマラヤンムスクの棘は殺人的です。
今日の作業は命がけの作業でした。

そして、大きなプランターでは、今後の作業に支障があるので、我が家にある12号より大きなロゼアポットに植え替える予定です。

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

クリスマスローズの花芽

3574.jpg

そろそろ<クリスマスローズの季節ですね。
薔薇の世話に追われて、なかなか手入れをしてあげられないのですが、我が家の敷地内のあちらこちらにあるクリスマスローズ達を南側の日当たりの良い場所に移動しました。
5鉢ほどはまだ蕾らしきものが無いので心配なのですが、ほとんどのものに蕾がついてきています。
3578.jpg

これは、去年ゲットしたお気に入りの白いダブルのオリエンタリス・・・
写真をラミネート加工して挿しているので、愛着もひとしおです。

つぎは、お気に入りのセミダブル・・・
3583.jpg


3573.jpg


去年より、もっと綺麗に咲いて欲しいですね。

ところが、気になることが一つ・・・

1年の間についてしまった鉢の周りのみどりごけ・・・

花が咲くまでに、花を傷つけないように一つづつ、たわしでごしごし、ごしごし・・・の作業が残っています。
テラコッタなどの鉢は特にひどい。

薔薇の作業もまだ終わっていないのに・・・

theme : ☆クリスマスローズ☆
genre : 趣味・実用

クリスマスローズのちび苗達

庭には、花も咲いていなくて、今写真に撮れるのは、クリスマスローズの青々とした葉・・・ぐらいでしょうか。
年末にネットで注文したダブルのクリスマスローズのちび苗達。
少し大きめのプラ鉢に植え替えました。
近所のホームセンターで買ったちび苗もあります。
咲いてくれるのは来年か再来年。
3478.jpg

以前から育てているクリスマスローズは蕾も3つも上がってきていて、随分立派に育っています。
3554.jpg

去年買った、うもーりーさんのセミダブル達・・・
写真を撮ろうと思ったのですが、古葉も切っていないので、今度の休日に少しお色直しをして、写真を撮りますね。
殆どのものに蕾がついていますが、3株ほどはまだ蕾がありません。
種を取ろうと最後まで咲かせていたのが悪かったのでしょうか。

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

癌腫、大手術

イングリッシュローズのスイートジュリエット・・・

3~4年前には、たわわに咲いていましたが、いつからか癌腫になり・・・

だんだんと哀れな姿になってしまいました。

株元の癌腫が見えるでしょうか?

今回は、3回目の外科手術です。
3564.jpg

掘り起こしてみると、びっくり!!!株の真下も根の途中にも・・と癌腫だらけになっていました。
3563.jpg

3561.jpg

黒くなった根や癌腫の付いていた根をできるだけ取り除いたら、こんな姿に・・・
主根も、黒くなって白い根が全く出ていなかったので、ばっさりと切り落としました。
3560.jpg

前回の外科手術の時も、癌腫の部分をしっかり取り除いて、木酢液を塗って、土も全て新しいものに取り替えて植え替えしましたが、もしかしたら、しっかり取り除けていなかったかも知れなくて再発したと思いたい気持ち。

今回はしっかり癌腫部分を取り除いて、木酢もしっかり塗って植え替えしたので、なんとか復活して欲しい。

これで、だめだったら,あきらめるしかないのでしょうか?

そして困り物なのが、癌腫になっていた株を植えていた鉢植えの土・・・

まだ赤玉の形がきれいに残っていて、見た目はブレンドしたばかりみたいにきれいなんだけど、使いまわしもできません。

そんな土がポリバケツにたくさん溜まっている・・・

癌腫になっていないもので植え替えた古い土は腐葉土などいろいろ足して、チューリップやパンジーを植えるのに使えるのに・・・

お見苦しい写真ばかりなので、最後にエンジェルの後ろで美しく咲いていた頃のスイートジュリエットの写真を。

2003年5月の様子です。
3571.jpg

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

フェンスをおしゃれに少し高くする方法

3566.jpg

これは、ジェーンオースティンに1回目の石灰硫黄合剤を塗った写真です。

いえいえ、そうでは無くて・・・今日は薔薇の話では無くてフェンスについてなんです。

低いフェンスをおしゃれに少し高くする方法・・・なんてタイトルに書いてしまいましたが、おしゃれかどうかは別として、リフォームの時、カイズカイブキの生垣を取り払ってもらうことに気がまわって、とにかくフェンスにしてくださいとお願いして、後おまかせだったために、こんな低い、ありふれたフェンスを取り付けられてしまいました。

それでも当初は日当たりが良くなってフェンスになり、これで薔薇のつるを誘引できると喜んでいましたが、つるが大きくなると、欲が出て・・・もう少し高いフェンスだったら良かったのに・・・と思う今日この頃です。

そこで、登場・・・なのが、こんな物です。
3567.jpg

ちょっと恥ずかしい写真ですが、乱れ気味のまだ手付かずの庭の片隅の写真なのですが、ミニフェンス?ガーデンエッジ?・・・なんて名前なのか解らないのですが、草花が大きく伸びて通路などにせり出して来た時にこれを挿して通路の邪魔にならないように支える為に買っていたのですが、これをフェンスの上から挿してみたら、丁度ピッタリ収まるではありませんか。
ワイヤーなどで縛らなくても、本当にピッタリなんです。
3565.jpg

いかがでしょう?
1つ460円?くらいだったと思いますが、フェンスをやり変えなくても薔薇の誘引をするにはピッタリだとは思いませんか?
それに、いらなくなったら、取り外し自由ですよ。

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

ピエールを地植えする

3557.jpg

ガレージの上で12号のロゼアポットで育てていたピエール・ド・ロンサールを南側の庭まで引きずってきて、パーゴラに誘引すべく、地植えしました。
シュートは2メートるくらい伸びています。
おとどしに10号から12号に鉢増ししたばかりで、まあまあの成長振りかなと思うのですが、鉢から抜いてみると白い根は有る程度出ていますが、鉢にはまだ余裕があるようです。
ここにもカナブンの幼虫が1匹だけ潜んでいました。
3556.jpg

地植えした場所はパーゴラの左側・・・右側にはすでにスパニッシュビューティを植えて、去年もとても立派に綺麗に咲いてくれました。
左側にはどの薔薇を地植えしようかといろいろ悩んで・・・悩んで・・・結局決めかねて、ずっとなにも植えられなく、バラの季節には鉢植えを仮置きして楽しんでいました。
去年もカクテルのオベリスクし立ての鉢植えを置いていました。
でも悩んでばかりでなく、そろそろきちんと庭に地植えして行きたいと思い、ピエールを植えることにしました。
庭の花壇の中央に立てていたアーチも向きを変えて建て直しして、パーゴラとアーチにピエールが誘引できるようにしました。といっても、まだパーゴラとアーチの両方に誘引できるほど、枝は伸びていませんが・・・

でも、私って、やっぱりピエールが好きなんだなと思います。
一番初めに遊歩道から見える位置に設置したアーチにピエールを地植えしていましたが、玄関にも、そしてパーゴラにもと・・・お気に入りの薔薇を植えたいと思うとやはりピエールが第一候補になってしまい、すでに3株地植えする事になる始末です。
作業が終わったら地植えした写真を撮ろうと思ったのですが、またまた3時くらいから孫達家族がやってきて・・・
3歳の孫が「おばあちゃん、花音ちゃんもお手伝いしてあげる~~」と靴を持って庭に出てこようとするので、つるが危ないので作業は中止。

今日はピエールのほかにもスプリングパルを植え替えして、調子の悪かった地植えのクロッカスローズを鉢あげしました。
後まだオベリスクし立ての鉢植えが4つほど残っていますが、細かい枝がいっぱいで・・・見ただけでも、気が遠くなりそうなくらい小枝がいっぱい!!!


3553.jpg


イエスタディなんですが、すごい姿でしょう?
こんなん、どうしたらいいのか誰か教えて~!!!
石灰硫黄合剤塗るだけでも大変そう~~~

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

死んでいなかったコガネムシの幼虫

3528.jpg


鉢植えでアーチに誘引していたマダムアルフレッドキャリエールですが、片方からのシーフォームも大きくなってアーチに収まらないので壁ぎわに移動の予定。

鉢は12号のロゼアポット。

しかし、大きくなったとは言っても、シュートがでるわけでもなく、秋の花も全く咲かなかった。

きっとテッポウムシかねきり虫がいると思って、念入りに、昨年の10月にオルトラン粒剤を撒き、しばらくしてダイアジノンも撒いて様子を見ていました。

たいがい薬を撒くと、苦しくなって土から出て来るものですが、その様子もなく、でも2回も薬を撒いたので、きっと土の中で死んでいるのか・・・それとも、犯人はてっぽう虫かもと少し不安な気持ちでいましたが、枯れる様子もなく新しい枝も伸びているし・・・
そのまま、植え替えしないで場所だけ移動しようかと思ったのですが、一抹の不安があり、やはり植え替える事にしたら・・・

やっぱり、出てきました。

15匹ほど、カナブンの幼虫です。

あれだけ、薬を撒いたのに死んでいなかったのか・・・
大きくなった幼虫にはオルトラン粒剤もダイアジノンも効果が無かったということです。
薬を撒いたからといって安心していてはいけないと改めて実感しました。

株を持ち上げた時土の塊が半分くらいぼそっと落ちたので根が半分に切れてしまいましたが全ての土を落として植え替えしました。

12号のロゼアポットの植え替えに鹿沼土1袋プラス牛糞とバーク堆肥を使いました。

それにしても、年末から鹿沼土、乾燥牛糞、バーク堆肥など、10袋づつは買っていたのに、植え替えをしているとあっと言う間に土が無くなってしまい、また追加を買ってくる始末です。

最近は薔薇の苗代より土や肥料代の方が痛い出費となっています。

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

薔薇の冬の作業

元旦より庭の作業を始めましたが休暇が10日までだったので必死に作業をしていました。
途中3日から5日まで帰省していたので、予定が大幅に狂って少しあせっています。
休みの間に、まずつる薔薇の剪定と石灰硫黄合剤を塗りました。
写真はゴールデンセレブレーション
3527.jpg

ラティスの隙間から外に1本だけシュートが出ていて本当はこの枝も剪定したほうがいいのに、シュートをかなり切ったので、残しています。
一番最初に石灰を塗ったので、綺麗な仕上がりになっているみたいですね。
このシュートを水平に誘引する前にもう一度石灰を塗る予定です。
続いて、下の写真はオベリスクに誘引したアンジェラ・・・
去年もオベリスクにぐるぐる巻きにして窮屈そうだったのですが、この写真の右のわく外まで元気なシュートが2メートルは伸びている状態です。左隣にヘリテージ、右にロココと大きくなるものばかりで、この大きくなると思われるアンジェラをどうしましょう???
オベリスクの誘引を解いて、軽く剪定したまでは良かったのですが、つるの誘引の場所に困って作業はここで何日も中断したままです。
3523.jpg

つぎはパーゴラに誘引していたスバニッシュビューティ・・・
誘引をほどいて、全ての枝の先まで刷毛で石灰を塗りました。左のシュートの端は地面まで届いている状態です。
実際につる薔薇が多くなると、石灰を塗るのが大変なのですが、黒点病はつる薔薇の上の葉から下に下にと広がってくるので、特に念入りに塗っています。後、もう1回塗るまで誘引できなくて、我が家の庭はつるが暴れまくっていて非常に危険な状態です。
3526.jpg

鉢植えのまま何年も植え替えしていなかったウイリアムモーリスですが、1年間を通してよく咲いてくれたので、今年は思い切って地植えにしました。
植え替えもしていないのに元気に良く咲くなあと思っていたらレンガの上に鉢を置いていたにも関わらず、わずかな隙間から根か゜地面まで伸びていました。どこに地植えにしようか場所に悩み、結局セントセシリアの植えてあった場所に地植えする事に・・・石灰はまだ塗っていません。足元の白いのはかみきり虫よけに昨年塗ったものです
3524.jpg

モーリスを地植えする為に、セントセシリアを掘り起こし、また別の場所に地植えしました。
3525.jpg

セントセシリアやウイリアムモーリスを移動したら、他の薔薇の色とのバランスが悪くなり、他の薔薇もまた移動を・・・・と
こんな風に、庭の作業は石灰硫黄合剤塗りも中途半端、誘引も中途半端、植え替えも中途半端、掘り上げた土もあちこちに山積み・・・1つ植え替えたら、次々に植え替えしたくなり・・・
なにもかも中途半端で作業がちっともはかどりません。

それで、今日も午後から休暇をとって金・土・日曜日と頑張ろうと思っていましたが、明日の午後から雨だそうで・・・とほほの薔薇色の日々です。

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

元旦から剪定してます

明けまして、おめでとうございます。
毎年、1月1日に庭に咲いている薔薇で新年のカードを作っていたのですが、今年は、12月31日に切った花で新年のご挨拶をさせていただきますね。
20060103102739.jpg


お正月はおせちを食べながらゆっくりとテレビを見て・・・
14.jpg

以前はそういうお正月の過ごし方をしていましたが、薔薇を育てはじていつの頃からか、元旦から薔薇の手入れをしています。
年末はバタバタしていて、鉢植えの植え替えが少ししか出来なかったので、元旦より張り切って剪定を始めました。
近所の人から見たら、何もお正月からと・・・と思われるでしょうが、やりたくても出来なかったので気持ち的にうずうずして元旦を待っていた状態です。
実際、目が覚めたら薔薇の事を考えていました。
年末まで、何もしていないので庭の周りに植えているERなどはまったく手をつけていなかったのでジャングル状態です。
8.jpg

地植えのER等は、とてもたくさんのシュートを出してまず間引くことから始めました。
1メートルの間隔でジェーンオースティンとグラハムトーマスを植えて花のグラデーションを楽しむために交差させていますが、改めてみると、ものすごい枝の量でびっくり!
思い切って枝を減らして剪定、誘引をしようと思いますが、なぜか思いきりよく切れなくて、ちょびちょびとしかきれないんですよね。
それでも半分くらいの枝を間引いたのですが、それでもまだ、このフェンスには多すぎる状態です。


4.jpg

堆肥づくりスターテ



やった~!!!良く頑張った~!!!と満足げに振り返ってみると・・・
これでも、まだ枝が多すぎ~~~!!!
剪定には「おもいっきり」が一番!!!と解っているのに・・・
でも、石灰硫黄合剤を塗るまでには、もう少し枝を減らします
1日からやっと、ヘリテージ゜、ロココ、アンジェラ、ピエール、コーネリア、つるアイスバーグ、スパニッシュビューティ、エブリン、ゴールデンセレブレーション、サハラ、パロン、ラジオタイムズ、マサコのつるのように延びた枝の間引きと葉を取り除きました。

次はとりあえず、石灰硫黄合剤を2回塗って・・・その後、誘引ですね。
つるやERの大物だけ誘引まで済ませれば、一安心なんですが・・・


theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

プロフィール

MIKI

  • Author:MIKI
  • ハーベストガーデンへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。