スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌腫、大手術

イングリッシュローズのスイートジュリエット・・・

3~4年前には、たわわに咲いていましたが、いつからか癌腫になり・・・

だんだんと哀れな姿になってしまいました。

株元の癌腫が見えるでしょうか?

今回は、3回目の外科手術です。
3564.jpg

掘り起こしてみると、びっくり!!!株の真下も根の途中にも・・と癌腫だらけになっていました。
3563.jpg

3561.jpg

黒くなった根や癌腫の付いていた根をできるだけ取り除いたら、こんな姿に・・・
主根も、黒くなって白い根が全く出ていなかったので、ばっさりと切り落としました。
3560.jpg

前回の外科手術の時も、癌腫の部分をしっかり取り除いて、木酢液を塗って、土も全て新しいものに取り替えて植え替えしましたが、もしかしたら、しっかり取り除けていなかったかも知れなくて再発したと思いたい気持ち。

今回はしっかり癌腫部分を取り除いて、木酢もしっかり塗って植え替えしたので、なんとか復活して欲しい。

これで、だめだったら,あきらめるしかないのでしょうか?

そして困り物なのが、癌腫になっていた株を植えていた鉢植えの土・・・

まだ赤玉の形がきれいに残っていて、見た目はブレンドしたばかりみたいにきれいなんだけど、使いまわしもできません。

そんな土がポリバケツにたくさん溜まっている・・・

癌腫になっていないもので植え替えた古い土は腐葉土などいろいろ足して、チューリップやパンジーを植えるのに使えるのに・・・

お見苦しい写真ばかりなので、最後にエンジェルの後ろで美しく咲いていた頃のスイートジュリエットの写真を。

2003年5月の様子です。
3571.jpg

スポンサーサイト

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

これが本日3回目の書き込みですが、あなたのご努力の凄さにはほんとうに頭が下がります。ただガン腫病はかなり蔓延しているようで、それが心配です。鋏や金属類の用具は必ず事前事後に熱湯消毒してください。それと、治療についてはわたしのHPを見ていただくとして、本格的な予防に踏み切るべきです。つまり、バクテローズをお買い求めになり、説明書に従って用いてください。一種のワクチン療法で、ほぼ100%効果があります。すでに罹病しているものには無効ですが、購入されたりもらわれたりされた新しい苗を植え付ける前に必ず実施した方がよいと思います。今のままですと、広がり続けてしまいますよ。

バクテローズという言葉は聞いたことがあるのですが、それは、薬品の名前だったのですね。
このスイートジュリエットは、はじめから鉢植えにしていたので、他に広がりは無かったのですが、結局、この株は枯れてしまいました。
調子が悪いなと思った時点で、すぐに対応したらよかったのですが、株元に癌腫が出来た時点ですでに手遅れだったのかも知れません。
それに、自分でも、痛んだ根を切り取りながら、今度は多分だめだろうと思っていました。
バクテローズも、どこで買えるのか調べてみますね。
プロフィール

MIKI

  • Author:MIKI
  • ハーベストガーデンへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。