スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラのシュート

今、我が家の庭にはカクテルとブラザーカドフィールがわずかに咲いている程度で本当に寂しい庭ですが、5月の開花ラッシュが終わって本当にほっとしているところて゜す。
2番花の新芽の伸び方が気になるところですが、北側玄関横に植えたピエールドロンサールのシュートか゜すごい勢いで伸びてきました。
もうすぐ、軒下に届きそうです。
この裏側と丁度2本のシュートが元気良く伸びています。
5743.jpg

次は、東側の通路のジェーンオースティン、新しい新芽がたくさん伸びてきて蕾もつき始めています。
5748.jpg

それ以外のバラたちは、今年はなんだかとってものんびりしていて、動きはゆっくりって感じです。
スポンサーサイト

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る


はじめまして~~
時々、うっとりしながら拝見させていただいています
バラはほとんど初心者で上手に育てられないのですがいつも参考にさせていただいています~
それで本日のピエール・ドゥ・ロンサールちゃんのシュートのことが気になって書き込みさせていただきました~
このヒュ~~ンと伸びたのがシュートって言うのね?
そしてコレは切っちゃいけないのですか?
このままにしてたら来年はどんな風に変化するのでしょうか~?
ホラね♪初心者のお粗末な質問でしょ~(^ー^* )
笑わずにわかりやすく教えてくださいね~~
よろしくです~~

そしてこのシュートというのはどのバラにも共通することなのね~?

Seriさん、こんばんは。
つるバラのシュートは来年花を咲かす大切な枝なので切らないで大切にします。
ここまで伸びると風などで、根元からぽっきりという事も良くあるので、支柱などをして倒せないように気をつける必要があります。
四季咲きのつるバラなら、このままアーチ状に横に誘引してもいいですが、一期咲きのものはまっすぐ伸ばして、冬に横に誘引します。
反対にブッシュし立てにするものは、途中で剪定するか折り曲げ剪定して低く育てることもできます。
バラにもそれぞれ特徴があるので、つるし立てのようにし立てられるものやブッシュし立てになるものなどありますので、そのバラに合った仕立て方をされるのがいいと思います。
プロフィール

MIKI

  • Author:MIKI
  • ハーベストガーデンへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。