スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケムシ大発生

ちょっと前から、庭の中央で大きく育った胡桃の木に毛虫が大発生しています。
アメリカシロヒトリのようです。
最初は小さな毛虫の塊だったのが、あれよあれよと言う間に大きくなり四方八方にひろがり、青々としていた葉は90パーセントレース状態です。
虫が大発生する前に対処するのが鉄則と春のアブラムシの大発生で失敗した教訓があったのに、できるだけ薬を遣いたく無い・・・早く鳥さんが来て食べつくしてくれないかしら・・・等と様子を見ているうちにくるみの葉を食べつくし、食べるものがそろそろ無くなってきて、今度はくるみの下で育っている私の大切なバラの葉の上にぽたぽた降りてきています。この2~3日、庭にでると、ケムシのうんこが地面にパラパラと落ちる音がひっきりなしに続いていて不気味でした。
鳥さんも来る様子もないので、今日はとうとう薬剤散布。
胡桃の木は大きくそだっていて5メートルくらいはあるかも・・・噴霧器の長いノズルでも届かず、洗濯竿の先に縛り付けて、目いっぱい上向きに噴霧しました。
しばらくするとぽたぽたと白いケムシが落ちてくる。
本当にこれでもかというくらいぽたぽたと・・・
ケムシ発生による今までのストレスが少しずつ薄らいでいく気分でした。
箒でおちたケムシを掃き集めて庭の胡桃の木の下に寄せて、休憩の為しばらく部屋に入りコーヒータイムを取って再び庭にでると、死んだと思った毛虫たちがまた胡桃の木やバラの枝を登り始めていた。
死んでなかったのか!!!
あわてて火箸でケムシを挟んで、足で踏んでいく。
すっかり吹っ飛んだストレスが100倍になって頭の上から落ちてきた気分。
胡桃の木の高い所まで上り詰めたケムシ達は今度は物干し竿で枝をたたいて振り落として、火箸で挟んで薬剤の液に落として行く作業を朝の10時から夕方まで続けていた私でした。
しかしながら、撲滅には至っていません。
明日また、別の薬剤を散布の予定。

今日もまた失敗から学ぶ教訓。

薬剤散布して落ちた虫にも最後のとどめを挿すべし!!!

そして、害虫対策には早期発見、早期対応!!!
2011.jpg

2012.jpg

スポンサーサイト

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

薬剤は何を使っておられますか? 人畜無害の生薬で、土壌を傷めないアグリクールをお使いになってみてください。昨年のこのような手間が嘘のようにかからなくて済みます。水で1000倍に薄め(かなり白く泡立ちますが)、他に何も加えず噴霧器で散布し、また鉢でも地植でもたっぷりと灌注してください。どんな害虫も死に、土にも薔薇にも副作用無く、そして連用による蓄積障害もありません。わたしのHPでも繰り返しお薦めしてあります。ぜひお越しになってみてください。

ナポレオンさん、またまた、貴重なレスをありがとうございます。
アグリクールは、昨日ナポレオンさんのサイトを拝見して、メモさしてもらっていました。
早速使ってみます。
ナポレオンさんが、ここにレスをしてくださったので、今一度、自分の記事を読み返してみて、去年の惨劇を思い出しているところです。
アグリクール、ネットで検索して直ちに注文します。
なんだか、すばらしい知恵を授けていただいて、うれしい限りです。
ありがとうございます。

こんばんはー。
アグリクール、私も買ったのですが、
いろいろな人の話しを聞くと
どうも合う合わないがあるようですよ。
試しに小さめのをお求めになることをオススメします。

あやさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
私も、最近は、孫が庭で花を触ったり、匂いを嗅いだりするのと、隣のお宅で犬を放し飼いで育てていらっしゃるので、農薬散布にはかなりの抵抗が出て来ています。
人畜無害で、効き目があるといわれるのなら、とにかく自分で試してみたいと思うので、早速注文しました。
いつもなら、大きいものを注文しているかなとも思うのですが、とりあえず小さなものを注文しました。
今までも、良いといわれる生薬があると、いろいろ注文していましたが、無農薬にそんなにこだわっていなかったので使い方も中途半端だったのですが、ちょっと真剣に使って結果を出せたら良いなあと思っています。

後、今回国際薔薇とガーデニングショーに行かれたお友だちからそこでつるしておくだけの、虫よけの良いものを買って来て、アブラムシがたくさんいたすももの木にぶら下げたら、1晩でアブラムシが居なくなったというものも教えてもらったので、これも注文してみようと思っています。

おはようございます!
あとでメッセします~♪

バラショーで見つけたぶら下がるボール、
店員さんに私も勧誘?されましたが
自分で作れそうな気がして買ってきませんでした(笑)
棒の先にネットをつけて、中にショウノウのボールが入ってました。
良いものを教わりました~色々アレンジできそうで♪
(買わなかったケド笑)

あやさんも、モフボール、見つけていたのですね。
実際に使ってみたバラ友さんは、匂いがきつくて、お客様が来られる時外したけど、まだ残り香があって、お客様がこの匂いはなんですか?・・・なんて事になったそうです。
虫対策をとるか、匂いをとるか・・・それが問題だ~・・・ですね。

こんにちは。アグリクールについて、数人の方から疑問が出されたので、わたしなりに分析してみました。たとえば、この薬剤は有機液肥やいくつかの土壌改良剤と混合すると確かに薬害が出たりします。ちょうど人の食事の食べ合わせで避けなくてはいけない組み合わせがあるように。そして、いろいろな方が使っておられる害虫の忌避剤や殺虫剤、また土壌活力液などの製品の中には、明らかにアグリクールと混用や近接使用をしてはいけないものがあると思われます。わたし自身すべてを試したわけではありませんので、何と何がという特定はできませんが。
そこで、Mikiさんがこれまで用いてこられたいろいろなもののうち、はっきりと信頼に値するものを優先させてください。アグリクールを用いて、もしも薬害と思われる症状が出たときはすぐに使用を中止し、薔薇以外の植物でしばらく使用経験を積むことをお薦めします。薬害は、決して改善されるものではありませんから。

ナポレオンさん、おはようございます。
昨日、アグリクールが届きました。
早速、使ってみますね。
私が特に気になっているのは、土中のコガネムシの幼虫と、テッポウムシと果樹に群がる害虫なんです。
使ってみた感想をまた報告させてもらいますね。
バラはいつも、4月の花が咲く前までは、消毒をするのですが、花が咲いてからはあまり消毒はしていません。
木酢などを撒いた時は薬害が出たようにかんじますが、原因は木酢なのか添着剤なのか解らないので、殆ど、使っていない状態です。
今アンジェラがちょっと調子が悪くて、テッポウムシが潜んでいそうな気配があるので、ナポレオンさんのサイトを参考にして株元に巻いて試して見ますね。

こんにちは。まだ虫糞を出す時期ではないかとも思いますが、ここ数日で急速に暖かくなりましたからね。昨年までアンジェラにテッポウムシの害が無かったのでしたら、糞の出に気をつけてみて、穴が綿棒の先が入るほどの大きさになったとき、アグリクール原液に湯で溶かした糖蜜を混ぜ、綿棒の先にそれをしみこませて穴へ差し込んでみてください。軸は後で抜けるだけ残しておけばよく、見た目に体裁が悪いと思われれば軸を半分ほどにカットしてから差せばよいのです。それでも別に穴を開けるようでしたら、そのとき初めて巻いてみてください。度々はがしてようすを見ても、粘着力は落ちないはずです。もちろん雨の後は粘力は落ちますが。

ナポレオンさん、アドバイスありがとうございます。
綿棒にしみこませて穴をふさぐという方法もあるのですね。
実は、我が家のアンジェラは、去年木くずを発見して、穴の中にテッポウムシ用ののずる付の殺虫剤を噴霧して、針金なども突き刺してみたのですが、確実にやっつけられたかどうかは不明だったのです。
今年になって、綺麗に花が咲き始めたと思ったら、急に花がしおれて、ステムの1枚目の葉が黄色くなったのが目立ってきたので、きっと去年のテッポウムシがまだ死んでいなかったのではないかと思います。
明日は休日で、出来たら、花フェスタに行ってみようかとも思ったのですが、庭のバラの手入れがまだ残っているので、中止しました。
明日、頑張って手当てしてみますね。

テッポウムシは食べ進む間に木部だけでなくやがて維管束まで食べ始めます。1年以上を薔薇の中で過ごし、最長で2 年ですから、花が萎れるような被害まで出たのでしょう。アグリクール巻きをぜひ頑張ってみてください。そして、思わぬ高い位置に穴を開けた場合に備え、製品名「テッポウダン」をご用意されたらよいと思います。さらに、今は幼虫でもこれから活動を停止し、薔薇の中でさなぎになるかもしれません。そのときは成虫となって出て来るのを待ち、捕殺することになります。夜間出て来た成虫も、しばらくはその場所にじっとしていますから、早朝に見つけやすく捕まえやすいと思いますよ。

ナポレオンさん、こんばんは。
今日は一日中庭の掃除と剪定をしていました。
バラの株元に散らばったはなぴ゙らや落ち葉を掃除して、アンジェラの株元の穴にアグリクールをつけた綿棒を差し込んでおきました。
今年は木くずが出ている様子はないのですが、テッポウムシは今の時期はサナギになっているのでしょうか?

こんにちは。さなぎになっている可能性は大です。その場合、綿棒の先をうまいぐあいに囓ってくれるかどうか。別の場所に穴を開け、羽化のために出て来る可能性もあります。ともかく羽化が終わって成虫となったカミキリは、すぐ交尾相手を探し始めます。できればその前に捕殺したいものです。

ナポレオンさん、こんばんは。
テッポウムシだけは、手ごわい相手で、困り者です。
しばらくはアンジェェラの観察が必要ですね。

いろいろと教えて頂いてありがとうございます。
プロフィール

MIKI

  • Author:MIKI
  • ハーベストガーデンへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。